MENU

KREO PLANet.
カテゴリー
並び替え
PLAN
056
宅配段ボールのストレスを解消するPLAN
公開日: 2022年11月10日
企画意図や背景

ネットショッピングや通販などで届いた段ボール。つい放置してしまうことはありませんか?
また、中身を取り出した後の段ボールの処理を面倒に感じることはありませんか? そんな、段ボールのプチストレスを解消できないかと思いこのプランを考えました。

続きを見る

近年、サブスクサービスやフリマアプリなどの登場や、共働き家庭の増加、在宅時間の増加などに伴ってネットショッピングや通販の利用が増え、商品をダンボールで受け取る機会が増えた人は多いのではないでしょうか。
受け取ってすぐに段ボールをテキパキ処理できればいいのですが、利用すればするほど段ボールは増えていく一方で、「今日じゃなくていいや…うん、置いておこう。」なんて放置してしまうと、どんどん段ボールが溜まってしまい、解体の手間もどんどん増える…ちょっと目をそむけたくなる…そんな状況にプチストレスを感じている方もいらっしゃると思います。
しかしながら、もはや生活に欠かせない、もしかしたら今後はもっと利用するかもしれないサービスなので、段ボールを処理するのが億劫な気持ちを吹き飛ばしてくれる!?ような工夫ができないものかと、今回のアイデアを考えてみました。

■なぜ開封せずに放置してしまう・・・?
例えば、生鮮食品や、すぐにでも試着をしたい服飾雑貨は、すぐに開封しようとする方も多いと思います。一方で、保存がきく加工食品や洗剤などの日用品は、急いで確認する必要性は高くなく、補充買いの品だと開けるワクワクも少なく、つい開封せずに放置してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?つまり、段ボールの中身によって、開封するモチベーションは左右されることがあると思います。
そこでIDEA①では、加工食品や日用品などでも”早く開けたくなる”気持ちをくすぐる企画を考えました。ついでに自然と畳めてしまう方法にしましたので、つい段ボールを開封せずに放置してしまう方、ぜひご覧ください。

■それでもどうしても開けられない…
どうしても段ボールを開けるのが億劫な方もいるかと思いますので、IDEA②では、“いっそのこと置いておいてもいい・溜めておいてもいい”企画を考えました。日々忙しいし、やっぱりすぐ開けるのは難しい、そんな人のために、放置することに理由を設けました。忙しい平日は放置しているストレスを軽減して、ワクワク気分で箱を開けられる、そんな企画です。

宅配を利用するたびに繰り返される段ボールストレスから解放され、気持ちも家もすっきりできる。そんな風になればいいなと考えました。よろしければ企画書もご覧ください。 こういうストレスあるある!こんな企画実現したらいいな!と思った方は、ぜひシェアしてください!

買い物行動
通信販売運送業界自宅
企画:沼田香織(マーケティング企画部マーケティング企画1課)CR:伊藤篤範(マルチメディア企画1部クリエイティブ・プライマリー課)
企画書フルダウンロード
企画書フルダウンロード
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
このプランを閲覧した方におすすめ
このプランを閲覧した方に
おすすめ
利用規約について | 個人情報の取扱いについて
TOPへ