MENU

KREO PLANet.
カテゴリー
並び替え
PLAN
049
試食をもっと気軽にしたくなるPLAN
公開日: 2022年09月08日
企画意図や背景

コロナによって、長らく中止されていた試食販売。再開された後も、なんとなく抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか? そこで、試食をもっと気軽にしたくなる企画を考えてみました。

続きを見る

コロナ禍/物価上昇の影響により、ますます節約志向が進む中で、優先順位をしっかり考えて、モノを購入するメリハリ消費の時代になってきているといわれています。

生活者の“買い物で失敗したくない”マインドは高まり、“衝動買い”が減り、“目的買い”が増加している今、「新商品=知らない商品」を買う挑戦は、さらにしづらくなるのではないでしょうか?

そして、失敗したくないからこそ、新商品を買う時には、事前に試してから購入できたら安心だと思います。
そんな時に、「試食」が重要になってきます。

しかし、接客によるコミュニケーションが必要な「試食販売」は、コロナによって、長らく中止されていました。
コロナ禍で、試食がないことが当たり前となり、いざ試食販売が再開されたとしても、 なんとなく「試食」に抵抗を感じていませんか???

また、コロナ以前から、接客されるのが苦手な人にとっては、「試食したら、買わないといけない?」「感想言わないと、気まずい?」などの不安があって、試食を敬遠しているような人も、いるかもしれません。

そこで、そんな人たちでも、試食がもっと気軽なものになる企画を考えました。

今回の企画のポイントは、2つです。

1つ目は、
接客コミュニケーションをなくした非接触の「無人試食販売」とする。
周囲を気にせず、自由に堂々と試食できる環境をつくり、コロナや接客への抵抗感をなくします。

2つ目は、
商品ごとに展開されていた試食販売をまとめて「売場コーナー」とする。子供から大人まで楽しめるエンタメ食サービスとして、価値を高めます。

以上のポイントから、いろいろな新商品の試食を好き勝手に楽しめる「新商品試食専門 ブッフェ自販機」を、企画の軸に設定しました。

企画のテーマは、
「いいもの、ちょこっと、さきどり。 つまみ食いスタンド」です。

大型スーパーなどの売場やイートインコーナーで、小容量で試せる新商品がラインナップされた自販機を展開し、いろいろな種類の新商品を少しずつブッフェ感覚で楽しめる“ワクワクできる試食”を実現します。

お客様にとって、新商品の試食 は、新たな出会いだと思います。

そんなワクワク・感動がある瞬間を、もっとワクワク・感動できる体験に。
結果的に、商品を好きになって、買ってもらえる。そんなきっかけとなることを願っています。

企画内容に共感いただければ、周りの方へシェアいただけると嬉しいです。

また、企画内容の課題やテーマにご賛同いただける企業や団体の皆様、こういった企画の実現に向けて、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

買い物行動
商品販売主婦・主夫スーパーマーケットスペースデザイン
企画:窪田雅聡(コミュニケーション企画2部コミュニケーション企画部1課)CR:伊藤篤範(マルチメディア企画1部クリエイティブ・プライマリー課 課長)
企画書フルダウンロード
企画書フルダウンロード
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
このプランを閲覧した方におすすめ
このプランを閲覧した方に
おすすめ
利用規約について | 個人情報の取扱いについて
TOPへ