MENU

KREO PLANet.
カテゴリー
並び替え
PLAN
010
電車遅延のモヤモヤを解消するPLAN
企画意図や背景

今回は、生活の中のアクシデントの1つ、
「電車遅延」で生まれるモヤモヤした気持ちを解消する企画を、
考えてみました。

続きを見る

『電車が時間どおりに到着するのは、あたりまえ!?』

通勤や通学、おでかけ等で、日常的に利用することが多い電車。
ほとんど時刻表通りに分単位で毎日運行されており、
私たちは、移動時間を考慮した予定を組むことができます。
鉄道の正確性は、世界からも称賛されるほどの日本の魅力の1つです。

だからこそ、日本の鉄道会社の電車遅延の基準は、
世界と比べると、かなりシビアと言われています。
日本の場合、1分以上の遅れが遅延とみなされますが、
イギリスやイタリアなどヨーロッパ各国では、
10分、15分の遅れは遅延とはみなされない国が多く、
世界に比べて、日本の基準は厳しいことがわかります。

そんな「電車遅延」に厳しい日本の社会だからこそ、
日本人は「電車が時間どおりに到着するのは、あたりまえ」という意識が強く、
電車が1分遅れるだけでも、
不安や焦りを敏感に感じてしまうのかもしれません。

そして、その不安や焦りなどのモヤモヤした気持ちは、
知らず知らずのうちに、気持ちの余裕を奪っています。
特に、通勤通学の時間帯は、より気持ちに余裕がないため、
混雑する車内/ホームの状況に、イライラしてしまいがちです。

そこで、通勤/通学の電車遅延の
行き場のないモヤモヤした気持ちのはけ口を作ることで、
解決できないか。と、今回の企画を考えました。

企画の考え方の軸として、
予定外の出来事に対して、サービスで還元する
「アクシデント還元型サービス」を設定しました。

通勤・通学時間が前向きな時間帯になることを目指して、
電車遅延というアクシデントを受け入れる気持ちの余裕を、
生み出すためのプラットフォームを提案します。


まずは、企画内容を見ていただき、少しでも共感していただければ、
周りの方へのシェアいただけると嬉しいです。

そして、企画内容を実現するにあたり、
課題やテーマにご賛同いただける企業・団体のみなさま、
ぜひ、一度お問い合わせいただけますと幸いです。


生活トラブル
電車遅延鉄道会社トラブルプラットフォームポイントサービス地域活性化
企画:窪田CR:鈴木(茉)CR:長尾
企画書フルダウンロード お問い合わせはこちら
企画書フルダウンロード お問い合わせはこちら
このプランを閲覧した方におすすめ
このプランを閲覧した方に
おすすめ
利用規約について | 個人情報の取扱いについて
TOPへ