Works

Marketing

商品・商圏分析だけでなく、生活者の購買行動や生活行動を定量、定性分析を行って具体的に把握し、マーケティング戦略を立案。一年間の生活者行動や意識変化を捉えたレポート『生活行動カレンダー』の編集や、歳事文化の研究およびWEBアンケートシステム「MC.net」を運営する。

KREOのマーケティング事例

30年に渡り独自に蓄積してきた生活者の実態。
クレオがマーケティングエージェンシーを名乗る上で、強みとなるのは、30年に渡り生活者を研究し作られてきた「生活行動カレンダー」だ。一年を52週に分け、週ごとの生活者の暮らしや生活・購買行動、季節の歳事や行事の情報などが網羅され、トレンドや潮流を把握できる。また加えて購買・意識データや歳事・流通情報も、独自の資産として常に蓄積し続けている。マーケティング部・相川曰く、「クレオの戦略立案においてこれらの情報が大きな武器となる。」

Promotion

クライアントの営業課題や要望に対し、マーケティング戦略を基軸にした最適なセールスプロモーションを提案。買い物客を意識した売り場づくりや、キャンペーンの立案、タイアップなど広範囲な販促戦略を提供。クレオ独自のWebサービス、アプリ等の企画・運営も行う。

KREOのプロモーション事例

事業戦略から販促コンセプトを立案する。
プランナーの仕事は多岐にわたる。クライアントをとりまく環境与件を分析しながら、年間の販促戦略の提案や、商品発売時のコミュニケーションプランなどを構築していく。
古澤はスーパーマーケットを中心とした流通業のお客さまを担当する。商品単体のプロモーションだけでなく、年間の販売戦略を提案。さらに古澤はクライアントの事業を成長させるため、より深く、より近い関係性が必要だと判断。クライアントへ自らの「出向」を願い出た。
メーカーとリテールのパートナーシップを築く。
クレオの主なクライアントは商品を製造するメーカーと、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどのリテール(小売・流通業)である。営業のミッションは双方の間に立ち、かれらの営業課題を解決するキャンペーンの立案や、売り場演出の総合プロデュース。なかでもコンビニエンスストアは、商品の売上げに応じて、約一週間で品揃えが一変する。西山の担当は製菓メーカーのスナック菓子。それらのコンビニでの売上げ増加と、売り場拡大のための戦略を求められた。
デジタルメディアこそ、情緒的なアプローチで。
生活者の買い物行動に合わせ、独自のメディアを開発するメディア企画部。神尾はスーパーマーケットの販促専用アプリ「SMARKET(スマーケット)」の開発プロジェクトのリーダー。近年、スーパーマーケットの来店客数は減少を続けている。クレオの役割は「地域の生活者に選ばれる戦略」をつくること。神尾は戦略的な情報発信にこそ、情緒的なアプローチが必要だと語る。

Creative

セールスプロモーションにおけるさまざまなデザインワークを担当。売り場に設置するPOPや什器、イベントブースの空間デザインなど実際の購買行動へと繋げるプロモーションデザインをはじめ、商品の魅力を訴求するパッケージ、商品ロゴ、これらと一貫性のあるメディア制作などのブランディングデザインを提供する。

KREOのクリエイティブ事例

空間デザインは、買い物をしやすい空気を作ること。
クレオは「売り場づくり」という言葉をよく使う。店頭POP、什器一つ一つのデザインはもちろんだが、売り場スペース全体をプロデュースするのがクレオの強みだ。単なる空間設計ではなく、広告会社としての空間プランニング。店舗がある街や、客層に合った空間デザインが心地良さとともに「買いたくなる空気」を作る。そしてクライアントがその空間を使って、商品をどのように育てていきたいのかをヒアリングし、顧客のファン化へとつなげる。
購買の意思決定を促す、売り場デザイン。
SPのデザインはマス広告のデザインとは違い、店内の商品棚で来店客の目に触れる。商品を購入する意思決定は、売り場の資材にかかっていると言っても過言ではない。クレオは生活者の実態調査に基づいた戦略的な売り場デザインと、店舗オペレーションに適したセールスプロモーション(以下SP)ツールを提供する。

Printing, Production and Distribution

静岡プロモーションセンター

自社工場である静岡プロモーションセンターおよび東京プロモーションセンターが生産拠点の中核となり、印刷・制作・物流の機能を担う。販促物の各種SPツール(店頭POP、プライスカード、ポスター等)を高品質且つ短納期で印刷・制作し、各種ツールの梱包、帳合、店舗への発送まで請け負う。加えて、POD(プリント・オン・デマンド)機能を有し、データ可変印字による小ロット多品種対応も迅速な処理が可能。また、販促資材を複数拠点で一括管理する物流システムを保有。煩雑になりがちな在庫管理や発送業務、経費管理まで請け負うことで、お客様の業務の負荷やコスト削減が可能となる。
東京プロモーションセンターでは、キャンペーン事務局代行業務(応募受付、受付処理、問い合わせ対応などの運営を代行)や、撮影スタジオも備えている。

静岡プロモーションセンター
  • Photo:静岡プロモーションセンター